top

Learn about the club. Find the latest news, events, and Press Releases on our club news portal. Interested? Join us! Current members can find internal tools such as the club roster and mailing list.

Learn about our technologies and projects. Our RoboWiki is the best source for tutorials, hardware & software documentation, our projects & research, and more!

» What is the Robotics Club?

The Pennsylvania State University Robotics Club, founded in 2004, is a student-run organization that provides a place for students at Penn State to come together and learn about robotics. The robotics club is an entirely extracurricular activity, where members attend solely out of a passion for robotics. Students from the engineering, computer science, and even business and liberal arts departments can be found in the club!

Club Logo

As a member of the robotics club, a student has several options open to his or her interests: Most students choose to engage in one of the many competitions the club participates in each year. Some use the opportunity to work on group projects, using and creating new technologies.

» What do we do?

The robotics club participates in several activities year-round. These activities are competitive, and provide a fun environment to learn news skills and test them against real competitors.

The club hosts its own competition each year, named the Robot Capture the Flag competition. This table-top scale contest pits two fully autonomous robots against each other in a race to capture the enemy’s flag and return to the robot’s own base. In past years, the club has also hosted the Sumo-Bot competition.

Team Meeting

The club also supports member-travel to several different competitions and events throughout the year. The Trinity College Fire-Fighting robot competition, for example, is an international and well known contest in which robots must navigate through a maze to identify and extinguish a lit candle. Members of the club have recently earned the honor of placing third in the Walking Robot division of the competition. Members are also involved in the fully autonomous Penn State Abington Mini-Grand Challenge.

» How do I learn more?

For more information about the competitions and projects the club is involved with, please visit the Robotics Club RoboWiki Projects and Competitions Page.

» Awards and Recognition

The Penn State Robotics Club competes in several local, national, and international competitions. Below are the lists of awards we have won over the years:

The Penn State Robotics Club (PSU Robotics) entered the AUVSI’s IGVC competition for the first time in May 2008, coming in 7th out of 19 overall in the “Navigation Challenge” portion of the competition. This remarkable accomplishment in club’s first attempt at the competition was achieved with the help of NovAtel’s positioning technology. The Penn State Robotics Club has been featured in a Case Study done by NovAtel, detailing how we used their technologies to our advantage in the IGVC competition. View their Case Study page here.

» Club Donation & Sponsorship

The Penn State Robotics Club is actively seeking out sponsors to help us realize our many exciting goals. The club would like to expand the resources available to the members, providing better equipment to those interested in creating new and original technologies. The club is also interested in participating in more advanced competitions across the country, which require significant investments in advanced equipment and in travel costs.

» If you are interested in becoming a sponsor of the club, or would like to find out more about our aims and goals, please review our Sponsorship Packet.

» Current Sponsors

We would like to extend our appreciation to the following departments and organizations, who have all generously provided sponsorship to our club:

便秘は処分が困難であり、数日に付属の硬い便、その結果、大腸の機能の障害である。

比較のために、約24時間の通常の経過時間は、毎日排便に対応する。人口の約10〜15%が影響を受け、比較的多くの子どもたちも、便秘の取得経験するでしょう。

便秘の原因

蠕動運動と呼ばれる大腸の動きを、直腸まで便を運ぶ。この関数はによって妨げられるとき便秘が発生します。

食事中のいくつかの繊維

あまりにも少ない水分摂取量

運動不足

排便を持っているために、その衝動を抑える

大腸と肛門疾患:コロン(先天長いコロン)、 ヒルシュスプルング病(神経細胞の先天性欠損症)、過敏性腸症候群、癌

のような様々な疾患 甲状腺機能低下症、 糖尿病、神経障害、精神疾患、

薬物の副作用

モルヒネ、抗うつ薬、利尿薬、および鉄含有薬です。

このレビューは、性的関係を通じて男性によって異なる性別のHIVの取得を防止する上で男性の割礼の介入の影響に関する証拠を評価しました。

著者らは、このテーマにはランダム化比較試験は認められませんでした。

レビューは5コホートと4ケーススタディや証拠とこのテーマを扱う25の研究の横断的研究を含め、34観察研究に基づいている理由です。

研究のほぼ半数は、高リスク集団のうち、一般集団残りの半分の間で行われました。

すべての5つのコホート研究は、免疫(高リスク集団の中で、一般的な集団の中)を示しており、これらの研究の3は効果が統計的に有意な結果でした。

研究と一般集団の中で例と証拠1の断面調査の結果は、(不均質度の高い)固定されています。

調整結果の使用が同行する強力な証拠を示す傾向にあったことを知ってすべての断面の研究では、統計的に有意な結果に(横断的研究やケース及び証拠)を示す研究の大半は、高リスク集団で男性の割礼の免疫効果のブラウザと症例対照研究を示しています。

著者は、利用可能な研究は、HIVの男性の割礼と取得の間に「強い疫学的」を示しているが、これらの観​​察研究の方法論的な弱点は、因果効果をサポートするための十分な証拠になると結論づけました。

この問題を評価するための無作為化対照試験を実施する緊急の必要性があります。

このレビューの範囲を超えて介入として男性の割礼の実現可能性です。

多くのデータベースでの検索は、言語の制約には適用されませんでした。

そのための会議抄録の数、潜在的な出版バイアス(負の研究は、未発表のままであってもよい)の作者に連絡することができませんでした。

独立監査人の料理は特定の基準としており、明確にレビューのために研究を選択し、独立してデータ収集の精度のデータを抽出するためのレビュー内で使用するために除外しました。

研究の結果と一般的な分析戦略の適切なため、著者の選択が原因調査の結果の不均一性のメタ分析をしないように決定し、代わりに試験集団(高リスク対一般集団)に従って試験デザイン(例えばコホート、断面)および追加分析に従って適用分析を行ってきました。

また、アカウントに割礼の方法の効果を取り、代わりの生の補正された結果を使用しています。

データを見るのこれらの様々な方法が重要なの深い理解につながった(例えば、一般集団のカテゴリカテゴリの中でより高リスク集団の中で男性の割礼に強力な免疫の影響)HIV-1およびHIVの取得-2またはHIVの落下/広がりの背景、または結果レベルの普及の場合です。

残念ながら、制限の研究はに従って男性の割礼の影響を個別に参照することができませんでした。

慎重にバイアスの潜在的な原因を特定するために、異なる研究の質を評価実施らは、研究のデザインのそれぞれの内部品質を調査によると、男性の割礼に加わる衝撃の分析を提示するためにこれは考慮に入れていることは、おそらく役に立ちました。

便秘とは

便秘は不快と痛みを伴うことができます。

便秘は異なる程度にし、様々な期間で経験することができ、さらには仕事や社会生活の両方に抑制することができる。

あなたは、便が毎日発生しません便秘を持っていますが、唯一の日間隔でいくつかのケースでは、便秘を非表示にするには、コロンが完全に糞で満たされますが、毎日のトイレがあるとされることを意味します。

便秘は、以下の症状を引き起こす可能性があります。

スツールは、押し出されるべきである

悪い内容物排出

糞便を手伝っする必要が、指

不随意損失

下向きに腹部の右側または左側に腹痛や圧力

胃が肥大化し、膨張している

口臭と臭いオナラ

インフルエンザ様の場合

便秘を避けるために何ができますか?

食事は(粗であるべき10の食事ガイドライン)、即ち 高繊維、低脂肪。つまり、全粒穀物、野菜、果物、鶏肉、魚、少し肉を意味します。

フード部分のサイズを確認してください

細かく加工食品などを避けてください。白パン、ケーキ、など

繊維(、オオバコの殻を覚えている)を使用してほかのどの毎日補充

エクササイズ少なくとも30分毎日

衝動が直腸に感じられる時トイレに行く。多くの人にとって、それは腸の打ち上げを刺激する、朝食後に排便を意味します。

おそらく例えば、下剤を使用しています。就寝前マグネシア、2(1グラム)

あなたはこれらのヒントが合理的に一貫して従っている場合、あなたは軟便と良好な排出能を毎日楽なトイレを得ることができるようになります。

それは膨満感や膨満を取り除くために時間がかかる場合がありながら、腹部の痛みも、消えます。

便秘の副作用

肛門でリフト(裂け目)

炎症肛門で(膿瘍)、および場合によっては後で瘻(皮膚表面に肛門なし腸内から管状接続部、すなわち腸液に来るように)

結腸中のポーチ(憩室)

癌の第一段階であるポリープ(腸の粘膜の増生)

直腸(スツールに従うことによって直腸からの一部)の損失は、脱出と呼ばれる。

あなたは上記のアドバイスで便秘を取り除くことができない、または子供の頃から便秘があった場合は、より詳細に検討されるべきである。

結腸および直腸を通過慢性または非表示の便秘の度合いを示している。

伸縮研究 腸が表示されたかを示す、すなわち肛門S状結腸鏡検査、大腸内視鏡検査または通常の可視性疾患である。

長い先天性腸症候群の存在を示す、結腸のX線

ここで機能を示す括約筋および直腸内の圧力測定

直腸のビデオX線検査及び閉塞具機能

コロン/病気や機能に関連する血液検査

この方法は、便秘腸疾患、長期の通過によって引き起こされる、または腸機能、または両方を減少するかどうかを決定することができる。

あなたが困難な便秘を治療する方法を教えてください。

これは、この状態を治療するために専門のタスクがある。あなたが段階的に進みます。

食事と運動計画は、前述したように、多くの場合、

糞を輸送するために腸の動きを増加させるための刺激薬(処方薬)

あなたが訓練されるべき直腸を通して腸クレンジング、通常の大腸括約筋機能を訓練する特別な理学療法それは腸の動きを増やすことができる。

通常の方法を外に糞便をフラッシュすることを学ぶことができるように、腸内に腹壁の小さな開口部を採用することが非常にまれに必要です。

引用:便秘解消法他の場合には、実際の小孔が必要になることがあり、または、おそらく約結果として、ストーマなしにほぼ結腸の全てを除去する。